ホーム > 占い情報推命学 > 情報推命学とは?
言霊

人生は貴方が創る物語

運命は物語
或る処に 君が居た
或る日 君は在る人と出会った
その人とは もうそれいらい 会うことがなかった
或る日 君は とても 人恋しかった
その時 会った人と一生 共に 暮らした
或る日 君は とても機嫌が悪かった
その時会った人は とても嫌な人達だった
嫌な人の中に 君にビックチャンスを与える人がいた
人生は自分自身がつくる物語
運命は物語
すばらしき人生
まだまだ君の原稿用紙は真っ白
君のコンピュータは君の入力を
Stand by
神々は君の物語を ときめく心で聞いています

数は神なり

人、企業、政治、世界情勢を推命

ロゴ

ロゴ

情報推命学とは…

その人の持つあらゆる情報を数字で表して解読する易学であり、エネルギー学です。 生年月日、生まれた時間と場所(住所)、名前などにより、その人の基本的な運勢とエネルギー傾向(波動)を解読するものです。
 数字は1つひとつが意味を持っています。一般的に易学では、太陰暦という暦を使っていますが、情報推命学でもこれをベースにアレンジし、縦3×横3の9つのマスに情報を数字化して入れます。数字の組み合わせで、その人にとってのプラスマイナス、陰と陽が分かるのです。さらに展開すれば、わたしたちが生まれてきた本当の意味、前世からのメッセージ、そして役割、使命、ミッションがわかります。これらを明らかにすれば、必ずこの世は生きやすくなるのです。

 アメーバはもちろんのこと、野に咲く可憐な花も、水槽で元気よく泳いでいる金魚も、百獣の王ライオンも、人間までも同じDNA(遺伝子)という4つの暗号、つまり情報で構成されているから驚きである。かつて私達が生物の授業で学んだ、ダーヴィンの生物学。下等動物からだんだん進化して人類になったとする進化論は、もはやクズ箱行きである。なぜって、いつまで待っても猿は猿で人間にはならない。猿は今の環境に適応するだけで満足し、これ以上に飛躍し、生き延びたいと思わないから猿のままで分化しない。設計図DNAは生き延びたい。次の環境の激変をも克服し、将来くるだろう激動をクリアして生き残りたいというハート(精神)という情報で構成されていることが解明された。現象や形態だけで、つまり目に見える世界だけで分析していたダーヴィンの進化論の敗北である。

 弱い人間が今、地球上でどの生物より繁栄しているのは、考えて考えて対処する優れた脳を持っているからだ。巨大な征服力の強い恐竜も、力のあるマンモスでも絶滅したことは化石が証明している。暴力や体力だけでは生き残れないことが実証された。智恵を使って自然環境を克服すれば、きっと生き延びられるに違いないというDNAのおもいが、長い歳月をかけ失敗を繰り返し、やっと優れた脳をもつ人類を誕生させた。それに脳の中には食欲や性欲など生命に共通する原始的な欲望はもちろんのこと、物を得て満足したいという所有欲や、他より優れていることを見せたい他人を意識した名誉欲や、自分自身の心の満足を満たす自己実現欲等。人間にしかない競争意欲を刺激する欲望が段階的に組み込まれている。

 様々な欲望をエネルギーとして生き延びたいおもいが脳にインプットされている危険な生命体が人間だ。そのうえに情緒、神に近づきたい意(心)を持っているのも解明されている。

 いつの時代にも生き延びられるように、さまざまなパターンの人間が出来ている。お人好しの人、自分本位の人、おとなしい人、戦闘的な人、智恵を活かそうとする人、「まあ、いいか。」とおもいながらダラダラ生きている人、様々である。優れた才能の因子や間違いを起こし自滅する因子、淘汰され消される原因となる仕組みも組み込まれている。それを、解明すると性格や才能や働きをうながす意識を持っていることがわかる。

 そして、加速度的に変化する時代を平行的にとらえる能力をそなえているのも証明されている。それが運勢につながる。同じ親から産まれても、性格や才能や運勢は違う。同じ環境でも違う。その秘密の解明が世界中で研究されている。影響するものは何か?星の運行?太陽のせい?地球のせい?月のせい?名前の影響か?いろいろ模索され研究されたひとつが、哲学であり心理学であり易学であり、占いである。占い情報推命学は生き延びたいエネルギーの情報を数字に置き換えて解明すればきっと解読できるという信念で研究し推命しております。私達のモットーは神(原理を識らせるエネルギー体)は神は言葉なり、神は創造なり、神は数なり。


じゃあ、神とは何か。漢字の意味から紐解くと、神の左横に示すへんがあり、右側に田の字を上下につらぬいた縦線がある。田とは命の根(稲)を作る所であり、最高の物質を作りあげる方法を示すものが神の名になっている。私達は天と地の間に存在するから人間であり、天のメッセージと地のメッセージを真摯に受け入れるから ヒト 『霊止、秘止』と言える。天と地があるから、草木という物質が生まれ、それを命の根として食べているので、草木に従属して生きている、ありがたいことですね。草木が種を作るから、永遠に繁殖し動物や私達人間を養ってくれています。天と地が作りあげた植物の種のおかげで、私達は養われている。

 じゃあ私達は誰を養っているのか?私達も当然種を持っていなければならない。その種が次の世代に受け継がれている。物質的な種は、子孫を創ることである。しかし今後私達に必要なものは見えない物の実を結ぶ種である。それがおもいであり、意志である。意志の意とは、宇宙の理であり、理由をもって行動することである。志は心が向かう方向を決めることである。それが私達の見えない魂の情報の遺伝子の中にどんな人にでも詳しく書き記されていることが発見できた。そして神を創り、魂の遺伝子の中にとどめた。それが私達の未来に花を咲かせる種であります。

 私達はその種を読み解くことにより、私達の役割と驚くべき力と才能がきらめくように魂の遺伝子に書かれています。私達の宇宙から望まれ尊ばれている智力の種を解明するのがミッションコード占いであります。私達は今、夢中でそれに取り組んでいます。

 「占い情報推命学の愉快な仲間」 記
 京都・伏見・竜馬通りに集まって、
 生き延びる為にあらゆる勉強会を開いております。